WBS

WBS

グループウェアと連携した、表計算ソフト並みの操作性のWBS

グループウェアのスケジュール管理と連携しているので、プロジェクトの実績・進捗管理など必要データを一元管理!

複数のソフトウェアやツールを活用することによる多重管理を解消し、タイムリーな情報共有を実現します。

表計算ソフトと同様の操作性で運用もスムーズです。

実践志向の本格的なWBS機能が、簡単操作で運用できます

イナズマ線で進捗が可視化されたWBS画面

表計算ソフト並みのセル入力、行のコピー・貼り付け・挿入はもちろん、Microsoft® Excel®のインポート・エクスポート機能で、使いやすさを徹底しています。

マウスでのドラッグ操作で、タスクのスケジューリング・進捗率の入力が可能で、マイルストーン・イナズマ線など、プロジェクトの進捗に関係する情報は、ボタン1つで表示できます。

先行タスク・後続タスクの依存関係もリンクの設定ができ、スケジュール変更時に、後続タスクの開始日・終了日を自動で変更することができます。

グループウェアと連携し、プロジェクトの進捗実績登録の手間がゼロに

スケジュール管理からWBSへの実績反映画面

グループウェアのスケジュール管理で登録した作業実績が、プロジェクト管理のWBSにも反映されます。
どのタスクがどのプロジェクトに紐づいているかなどを意識せずに、確実な実績登録が可能です。

スケジュール管理で登録された実績を自動集計することで、予定工数に対して実績工数や進捗率、遅延状況などのプロジェクト管理に必要な情報がタイムリーに可視化できます。

プロジェクトの公開・非公開設定やユーザーの権限設定で、情報の開示範囲を細かく設定できます

プロジェクトの公開・非公開、権限設定画面

秘匿性の高いプロジェクトは非公開設定をすることで、特定のメンバーだけに公開することができます。また、各プロジェクトメンバー個人単位で、WBプロジェクト情報の更新権限を細かく設定できるため、予期せぬデータの変更が発生することを未然に防ぐことができます。

プロジェクトの資材・外注などのコストも管理

EVM分析画面

プロジェクトの進捗が良くても、コストが予定以上にかかっていれば、成功したプロジェクトとは言えません。

プロジェクトメンバーの原価はもちろん、資材、外注加工費なども、発生日単位で登録することができます。登録されたコストデータで、EVM分析により累積コストを自動算出し、出来高と進捗の差異を、タイムリーに確認できます。

Time Kreiは
1,100社
以上の利用実績!
まずはお試しください!

お問い合わせ
03-3590-4110(代表)

受付時間:平日9:00~18:00お問い合わせフォーム