複数システム管理がデータの二重管理の原因

ワークフローやプロジェクト管理ソフトと二重運用が発生している

特化したワークフロー/プロジェクト管理ツールは使っていますか?

複雑なプロジェクトを管理するのに、グループウェアに付属しているワークフローやプロジェクト管理機能では、結果を残すような運用は難しいと言えます。
まず、機能が物足りません。ワークフローを種類ごとに正しいルートで回覧できたり、分析やデータの可視化、WBSの機能など確実に管理するための機能が搭載されている必要があります。
また、入力の簡易化やデータの連携など運用工数を削減できるのも専用ツールの特長ですので、効率的にプロジェクトを管理することができます。

プロジェクト単位で使うツール/ソフトを選んでいませんか?

プロジェクトの管理方法は現場任せで、進捗・リソース・コスト管理に異なったツールを導入し、部門ごとでバラバラな状態ではありませんか?
全社で一定の基準が設けられていないと、プロジェクトの状況を横断して、同じ基準で判断・分析・監視することができません。2次的な課題になりますが、部署を移動したらツールの使い方を覚える手間や、個人の主観で作られた表計算ソフトを使用したツールなどでは、「どう運用するのか?」「どう分析するのか?」を習得するのにも時間がかかってしまいます。

必要に応じてバラバラとシステムの新規導入をしていませんか?

プロジェクト管理に必要なツールを都度必要性が高くなるごとにバラバラと導入していると、それぞれのシステムに対し、シングルサインオンやデータ連携のカスタマイズを行う必要が出てきます。
また、場合によっては連携できず、異なる仕組みのマスタデータを持つ必要が出てきてしまい、データ二重管理などが発生する可能性があります。

こんな課題をお持ちなら、解決方法があります!

作業者の実績を元にプロジェクトごとのコストを確認できるのがTime Krei(タイムクレイ)です。運用・管理するシステムの数を全社的に減らしたり、プロジェクト管理の質を全社的に標準化・向上することが可能です。

Time Kreiは
1,100社
以上の利用実績!
まずはお試しください!

お問い合わせ
03-3590-4110(代表)

受付時間:平日9:00~18:00お問い合わせフォーム