導入事例

テンダ、セミナー「今から?出直し?最後の工事進行基準対応!」が大好評!~第18回ソフトウェア開発環境展(SODEC)にて~

2009.05.25

ソフトウェア開発企業の株式会社テンダ(本社 東京都豊島区 代表取締役社長 小林 謙)は、2009年5月13日から5月15日まで開催された、リードエグジビジョンジャパン主催の「第18回ソフトウェア開発環境展(SODEC)」に出展するとともに、製品・技術PRセミナーを行いました。

「今から?出直し?最後の工事進行基準対応!」と題して、4月から適用開始となった工事進行基準に対し、対応はしたけど運用がうまくいかない、まだ対応していなくて焦りを感じている、対応するべきか悩んでいる・・・そんな企業様へ、簡単かつスピーディに対応可能なプロジェクト管理グループウェア「Time Krei」(タイムクレイ)をご紹介しました。
受講いただきましたお客様からは、「便利な製品だと感じた」「直感的で分かりやすい画面だと感じた」など、好評をいただきました。
またセミナー終了後、そのままテンダブースへお越しになったお客様へは、弊社担当からさらに詳しいお話をさせていただきました。

おかげさまで、大盛況のうちに幕を閉じることができ、ご来場いただいた方々には深く御礼申し上げます。
今後も、皆様の身近なビジネスツールとして躍進してまいる所存でございます。

≪Time Kreiとは?≫
Time Kreiは、Adobe Flexを利用したFlash Webアプリケーションで、グループウェアとプロジェクト管理を統合したRIAコーポレートマネジメントシステムです。Web上で、大規模なプロジェクトの管理システムから、管理する日常のスケジュール帳、会議室などの予約管理としてもご利用いただけます。特に、今回のASP/SaaS型はインターネット環境があればすぐにサービス提供を受けることができ、非常に手軽にご利用頂けます。
また、複数人のスケジュールがリアルタイムで確認可能なため、会議や外出などの予定が簡単に設定できます。

さらに製品の直観的な使い勝手の良さを考え、フルFLASH採用のビジュアル感溢れる画面構成とユーザビリティ重視の導線構造で、各種情報をより直観的に操作できます。

プロジェクト管理機能の特徴として、2009年4月より適用を義務付けられる工事進行基準に対応しており、業務にかかる「時間」と「コスト」を、経営者側・管理職側・従業員側の3者の視点から注目し、見える化・見せる化・情報集約化を提供します。具体的な機能としては、WBS 工程管理・実績管理・EVM 分析機能を備えています。

今までサーバーインストール型のみのご用意でしたが、展示会や弊社主催のセミナーに参加された方々から「もっと手軽に使いたい、導入コストを抑えて短期間で導入したい」とのご要望をいただき、2009年3月2日よりASP/SaaS型サービスの提供を開始しました。
本サービスは無料でのご提供となりますが、使用できる機能はサーバーインストール型と同等であり、全ての機能が無料でご利用頂けます。
是非、この機会に一度お試しください。

ご利用になりたい方は、下記URLからお申し込みください。
https://free.timekrei.com/aspinfo.html

■本件/取材のお問い合わせ、お申し込み
株式会社テンダ
広報・マーケティング室
Tel :03-3590-4110
e-mail: pr@tenda.co.jp

TimeKreiとは
当社のプロジェクト管理ツール「Time Krei」では、プロジェクトの可視化、業務の見える化を実現!作業効率も格段
に向上します。タスクマネジメントやプロジェクト管理でお悩みの方必見のプロジェクト管理ツール「Time Krei」の
ご紹介です。