導入事例

ワークフローやプロジェクト管理ソフトと二重運用が発生している

マネジメントが上手くいかない理由

概念図1

本格的な
ワークフローや
プロジェクト管理ソフトが
付いていないからです。

グループウェアに付属しているワークフローや、プロジェクト管理機能は現場で運用するには、機能が物足りません。
運用に耐えうる機能が搭載されているワークフローや、プロジェクト管理ソフトを、別に、購入することになります。

概念図2

プロジェクト単位で、
プロジェクト管理ソフトを選んで、
利用しているからです。

進捗管理は、現場任せで、プロジェクトの進捗・リソース・コスト管理に、全社で、一定の基準が設けられていないため、プロジェクト状況を、同じ基準で、判断・分析・監視することができません。

概念図3

後から導入するシステムは、
元々あるシステムに連携するために、
カスタマイズが発生します。

後から導入するシステムに対し、シングルサインオンや、データ連携のカスタマイズを行う必要があります。
また、マスタデータの2重管理など、随時、発生します。

解決の秘策は、コチラ!

TimeKreiとは
当社のプロジェクト管理ツール「Time Krei」では、プロジェクトの可視化、業務の見える化を実現!作業効率も格段
に向上します。タスクマネジメントやプロジェクト管理でお悩みの方必見のプロジェクト管理ツール「Time Krei」の
ご紹介です。