導入事例

オンラインデモ

Time Kreiをお気軽にお試しいただくためのオンラインデモです。
サンプルデータを使って、直観的な操作をぜひご体験下さい。

1. WBSの使い方

WBSでは、プロジェクトのスケジュール(工程)を管理し、作業毎の期間、進捗状況、リソースなどを把握できます。
進捗率や実際にかかった日数も、グラフ上に表示されるので、作業の状況を容易に確認でき、トラブルの原因となりうる作業の早期発見にも役立ちます。

体験してみる

2. 実績を登録してみよう

日々の作業実績を登録することで、分析、週報、プロジェクト管理に反映されます。
実績の登録や、予定のコピーや変更はドラッグ&ドロップにより操作できるため、簡単に入力できます。

体験してみる

3. 分析してみよう

「原価構成比率分析」では、ユーザの作業実績の分析ができます。どのユーザがどのプロジェクトの作業に時間を費やしていたのかなどを把握できます。

「稼働率分析」では、ユーザの日別の実績時間を棒グラフで見ることができます。色別で残業時間などを表示しているため、視覚的に負担のかかっているユーザを特定することができます。

「EVM分析」では、今のプロジェクトの進捗・コスト状況を、数値とグラフで把握できます。プロジェクトの遅延やコスト超過を早期に発見することができます。

体験してみる

TimeKreiとは
当社のプロジェクト管理ツール「Time Krei」では、プロジェクトの可視化、業務の見える化を実現!作業効率も格段
に向上します。タスクマネジメントやプロジェクト管理でお悩みの方必見のプロジェクト管理ツール「Time Krei」の
ご紹介です。