導入事例

週報管理

週報データの登録は、スケジュール画面で完結

週報を報告すべき人に、確実に提出でき、部下へのフィードバックも迅速に行えます。

予定内容・実績内容が、システムで自動集計されるため、提出者による週報内容の精度のバラツキが抑えられ、標準化された情報が申請されます。

スケジュールと週報、2つのデータが、1度で登録完了

スケジュールと週報、2つのデータが、1度で登録完了

スケジュール画面で、予定・実績を登録するだけで、一週間の予定・実績が、週報として自動で作成されます。週報では、作業内容に対し、予定された作業時間と、実際にかかった作業時間が一覧表示されます。

また、プロジェクトに関係する作業は、プロジェクト別にサマリーとしても集計されます。

スケジュールと週報、2つのデータが1度の登録で完了するため、2度、登録する作業が、一切、無くなります。

数値で見れる作業量と、確実な「報・連・相」フローの定着

数値で見れる作業量と、確実な「報・連・相」フローの定着

自動作成された週報は、週単位で上司に提出できるため、上司は、部下の作業内容を、一週間単位で確認できます。

提出された週報は、内容確認後に承認または差し戻しができ、作業の軌道修正を行う必要などがある場合、コメント機能で、部下への作業指示を出すことも可能です。

「未提出」「差し戻し」などの状態や、週単位・人単位などの条件で、週報の申請状況も確認できます。

TimeKreiとは
当社のプロジェクト管理ツール「Time Krei」では、プロジェクトの可視化、業務の見える化を実現!作業効率も格段
に向上します。タスクマネジメントやプロジェクト管理でお悩みの方必見のプロジェクト管理ツール「Time Krei」の
ご紹介です。