導入事例

富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2014年版」 プロジェクト管理ツール/SaaS部門 「TimeKrei」が販売部門No.1に

2014.07.28

企業向けパッケージソフトウェア開発とスマホ・タブレット向けアプリケーション開発を行う、株式会社テンダ(本社/東京都豊島区、代表取締役/小林 謙)が開発した、プロジェクト管理とグループウェア、ワークフロー統合したクラウドシステム「Time Krei(タイムクレイ)」(http://timekrei.tenda.co.jp/)が富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2014年版」でプロジェクト管理/SaaS部門にて、販売部門No.1という高い評価をいただきました。



【TimeKreiの受賞歴】 日経BP社主催「クラウドランキング」汎用情報系 SaaS 部門ベストサービス部門 3回連続選出(第4回、第5回、第6回) 特許取得済(38824)



【TimeKreiの特徴】 「グループウェア」・「プロジェクト管理」・「ワークフロー」をクラウドで利用できるWebアプリケーションです。 グループウェア機能・プロジェクト管理機能・ワークフロー機能を、1システム内に集約することで、組織運営の全情報を、圧倒的な速さで共有するとともに、現場の業務管理ツールを全社で統一化し、データの二重登録を無くし、一定の水準で標準化された情報管理・運用を行います。



【市場の展望】 富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2014年版」では、プロジェクト管理ツール/SaaS部門において市場規模推移を発表しています。こちらのデータによると、2013年から2018年の予測では市場の拡大が見込まれており、SaaS部門では、金額として170%増の成長があるといわれております。


「Time Krei」は、市場の拡大とともに、お客様のご要望にお答えするべく機能の追加・改善を行い、業種・業態に縛られることなくより多くの企業で業務改善・組織の効率化などのお役に立てる製品へと成長させて参ります。

TimeKreiとは
当社のプロジェクト管理ツール「Time Krei」では、プロジェクトの可視化、業務の見える化を実現!作業効率も格段
に向上します。タスクマネジメントやプロジェクト管理でお悩みの方必見のプロジェクト管理ツール「Time Krei」の
ご紹介です。