導入事例

テンダ主催『工事進行基準対策セミナー』、第2弾も大盛況!会計からの視点も加わったソフトウエアの開発現場における最適な対応策が好評。

2009.01.27

株式会社テンダ(本社 東京都豊島区 代表取締役社長 小林 謙)は、去る2009年1月21日(水)に “迫り来る『工事進行基準』にプロジェクトマネジメントは、こう変革する!”と題しまして、2009年 4月から変更される会計基準「工事進行基準」に着目した無料セミナーの、第2弾を開催いたしました。

告知と同時に多くの方よりお申し込みをいただきまして、予定していた定員を大幅に上回り、お断りいたしました皆様にはこの場をお借りして心よりお詫び申し上げます。

第2弾となった本セミナーでは、前回よりもさらに深く掘り下げて、第1部では会計の視点から公認会計士より「ソフトウェア業界における工事進行基準の導 入」を、そして、第2部では工事進行基準導入の背景から基礎的な知識を含め、これから取り組んでいかれる方々へもわかりやすく解説し、 EVM(Earned Value Management)と呼ばれるプロジェクトの把握・管理方法グループウェアとプロジェクト管理システムを統合した製品『TimeKrei(タイムクレ イ)』のご紹介において、プロジェクトを健全に運営するためのツールとしてのEVMのご説明や、「見える化」を体験できる講演を行いました。

また、『TimeKrei(タイムクレイ)』のデモンストレーションコーナーも設け、多くの方々に実際にお試しいただく場を提供することにより、講演内容と併せてご理解とご興味をいただきました。

今回のセミナーを通じて、工事進行基準におけるご来場者の方々の関心の高さがうかがわれ、今後も定期的なセミナー開催をご希望されるお客様が非常に多くいらしたことから、テンダでは工事進行基準導入前に、さらなる追加講演を企画しております。 工事進行基準適応までの短い期間、テンダはお客様のご要望にお応えするべく、さまざまな対策セミナーやコンサルテーションなどをご提供してまいります。

今後もテンダが発信する、高くエッジの効いたソリューションにご注目ください。

【株式会社テンダの概要】 ビジネスパッケージソフトの企画/開発/販売、モバイルシステム・モバイルコンテンツの企画/開発/販売、Webベースの企業情報システム開発請負、SE人材派遣など、システム事業を中心に展開しております。

・Dojo 教育コンテンツを驚異的なスピードで作成するソフトウェア
・SocreBook 学習進捗管理をWebで実現
・TimeKrei グループウェア機能とプロジェクト管理機能を統合して業務を「見える化」するRIAコーポレートマネジメントシステム
・MobileKrei 従来に比べ公式な携帯コンテンツ開発や作成を短期間で行うことのできるCMS

設立 :1995年 6月 1日
資本金 :払込資本 2000万円
従業員 :165名(2008年3月末現在)
所在地 :〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-29-19 KTビル10階
TEL(03)3590-4110  FAX(03)3590-4200
URL http://www.tenda.co.jp/ 

■本件に関するお問い合わせ
株式会社テンダ
市場・製品開発本部
Tel :03-3590-4110
e-mail: timekrei@tenda.co.jp  
URL :https://www.tenda.co.jp/timekrei/index.html

■本件に関する取材のお申し込み
株式会社テンダ
広報・マーケティング室
Tel :03-3590-4110
e-mail: pr@tenda.co.jp

TimeKreiとは
当社のプロジェクト管理ツール「Time Krei」では、プロジェクトの可視化、業務の見える化を実現!作業効率も格段
に向上します。タスクマネジメントやプロジェクト管理でお悩みの方必見のプロジェクト管理ツール「Time Krei」の
ご紹介です。